弊社は、競争でも災害でも生き残るよう、企業の経営を支援します。

TEL.050-3736-0080

〒410-0312 静岡県沼津市原1165番地の2

知財力UP!

知財力UP!

知財力UP!

敵を知る

新しい市場へ進出する場合、競合を知る必要があります。特に、多数の特許や実用新案を持つ競合がいると、参入障壁となり市場に踏み入れないこともあります。また、知らずに他社の特許を侵害することは、地雷を踏むようなもので、訴訟や損害賠償などのダメージを追います。

これを防ぐためには、特許電子図書館(IPDL)で特許などの知財を検索し、競合の状況を分析することは大変有効です。

生きる場所を知る

仮に多数の特許があっても、広い市場の中にはポツンと小さな池があり魚が泳いでいるものです。小さな池(市場)であっても、自社の特許で押さえれば独占市場であり、そこの魚をとって十分生きていけるのです。

また、画期的な特許であれば、ブルーオーシャン、すなわち全く競合のいない市場を創り、生きていけるでしょう。

箔をつける

特許や実用新案のある製品は付加価値があります。世界で初めての高度な技術であることの証明だからです。これが商品パッケージに書かれていれば消費者は引き寄せられます。

また、法人営業に行った場合も、相手先の担当が選定する理由となります。上司に選定理由を堂々と述べることができるのです。

平たく言えば、特許や実用新案は商品に箔を付ける、というものと言えるでしょう。

自信をつける

?特許や実用新案を取得した技術者は自信がつきます。その製品を売りに行く営業も自信を持って交渉できます。これらが企業内に伝播して全体的にモラールが向上します。

名前で売る

商品は名前を変えただけで爆発的に売れることがあります。その商品名は消費者に買わせるだけの力があり、付加価値と言えるでしょう。そうであれば企業の財産であり、守らなければなりません。それは商標を登録することです。

?支援コンセプト

上記の企業活動について、後述の「セミナー」や「個別案件支援」でご支援していきます。

 

«